今日から、

JR京都駅新幹線コンコース内で

「京都名流いけばな展」が開催しています。

 

16流派の生け花を楽しめるそうです。

京都にお越しの際、

そして、お帰りの際に少し時間がありましたら

ご覧になってみてください。

 

花が冬の旅を色彩豊かなものにしてくれます。

 

 

 

今日はお棗をご紹介です。

 

<鈴木光入 団扇棗 共箱>

 

鈴木光入 団扇棗 共箱 茶道具 茶器

(直径:7.3僉高さ:7僉

 

鈴木光入 団扇棗 共箱 茶道具 茶器

 

鈴木光入(すずき こうにゅう)

 

初代 光入

 

1923年(大正12年)生まれ

1950年(昭和25年)京漆器の象彦にて修行

1967年(昭和42年)独立する

 

2代 光入

 

1945年(昭和20年)京都生まれ

1965年(昭和40年)初代 光入に師事する

2000年(平成12年)2代 鈴木光入を継承

 

 

鈴木光入 団扇棗 共箱 茶道具 茶器

 

裏千家14代 淡々斎宗匠御好を写した団扇棗です。

 

団扇の中に舟が帆を張って

進んでいくのが美しいですね。

 

涼しさが恋しい季節にどうぞ。

 

 

価格・詳細はこちらまで

お気軽にお問い合わせください。

sakai_shunmeido@ybb.ne.jp

お電話でもどうぞ。

 

 

JUGEMテーマ:茶道

        
0

           

    Calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    Archive

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM