蛍の季節ですね。

高瀬川では「ホタルの夕べ」が本日から開催されます。

屋外照明を消す試みがなされ、ホタル観賞しやすくなります。

 

ホタルは光によって、コミュニケーションを図っているそうなので

人工的な光はホタルには邪魔になってしまうようです。

なので、フラッシュ撮影は禁物です。

 

写真を撮るより、

目で見た方が断然素敵にホタルが映ると思いますので

ロマンチックな夜をカメラなしで楽しむのがホタル観賞のコツだと思います。

 

高瀬川にいるのはゲンジボタル!!

ホタルの中ではけっこう大きめです。

静かで落ち着いた夜をお過ごしください。

 

 

今日は8日から大阪で開催される

「うつわ語り」で出会える品をご紹介。

 

<輪島塗 尚古堂 糸巻蒔絵椀 10客>

 

輪島塗 尚古堂 糸巻蒔絵椀 10客 共箱 漆器 和食器 椀

(直径:8.1僉高さ:8.5僉

 

 

輪島塗 尚古堂 糸巻蒔絵椀 10客 共箱 漆器 和食器 椀

 

 

輪島塗

輪島は堅牢で優美な高級漆器のメッカ
漆器産地で唯一 重要無形文化財の指定を受ける

輪島塗の漆器の生産は古く同じ能登半島の三引遺跡(七尾市)から6800年前の漆器製品が発見されており
沈金の技術の始まりは江戸時代享保で、蒔絵は江戸時代文政期

輪島塗の一番の特徴は”丈夫な塗り”である
焼成珪藻土を混ぜた下地を何層にも厚く施した「丈夫さ」に重きを置いて作られている漆器で
塗り上げまでの工程がとても多く、
ものによっては100工程を超えることもある。

手仕事の積み重ねによって作られる堅牢さと華やかな装飾が魅力

 

輪島塗 尚古堂 糸巻蒔絵椀 10客 共箱 漆器 和食器 椀

 

 

尚古堂(しょうこどう)

 

石川県輪島市の漆器製造を行う会社

 

用の美を追求して漆器の製作に

日夜、研鑽を積んでいる

 

 

輪島塗 尚古堂 糸巻蒔絵椀 10客 共箱 漆器 和食器 椀

 

輪島塗 尚古堂 糸巻蒔絵椀 10客 共箱 漆器 和食器 椀

 

共箱です。

輪島塗 尚古堂 糸巻蒔絵椀 10客 共箱 漆器 和食器 椀

 

小ぶりな椀です。

七夕の季節、7月に似合うお椀ですので

どうぞ季節のお料理に使ってください。

 

 

価格・詳細はこちらまで

お気軽にお問い合わせください。

sakai_shunmeido@ybb.ne.jp

お電話でもどうぞ。

 

 

うつわの展示即売会

「うつわ語り」6月8日から12日(10日はお休み)

大阪老松町で開催いたします。

詳しくはこちら↓↓

http://antique.sakaishunmeido.sunnyday.jp/?eid=394

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

JUGEMテーマ:食器

        
0

           

    Calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    Archive

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM