過ごしやすい季節になってきましたね。

GW皆様はどちらへおでかけですか。

 

京都の粟田御所ともいわれる青蓮院門跡では

「茶室 好文亭」が5月5日まで拝観できます。

 

呈茶席もあって、

お抹茶もいただけるそうですよ。

嬉しいですね。

 

 

今日は、茶席を飾る名脇役!蓋置をご紹介いたします。

 

<白井半七 菊花模様蓋置 共箱>

 

白井半七 菊花模様蓋置 共箱 茶道

(直径:5.7僉高さ:5.7僉

 

白井半七 菊花模様蓋置 共箱 茶道

 

白井半七(しらい はんしち)

江戸今戸焼の陶家。7代までを隅田川半七、隅田川焼、今戸焼と呼ぶ
9代まで続き、代々 白井半七を襲名

初代、京都の土風炉師より技法を修得し
1684年〜1687年(貞享年間)頃に土風炉や茶器を制作したと伝えられている。

4代〜5には、京都の伏見人形から影響を受け今戸人形を制作
2、楽焼風の軟陶を制作して今戸焼と呼ばれる
7、関東大震災で被災し窯が崩壊したことで兵庫県伊丹市に窯を築く
8、兵庫県宝塚市に移窯。仁清・乾山写しなど華やかな京焼の作風を取り入れる



9代 白井半七 1928年(昭和3年)〜1987年(昭和62
父の8代の作風を受け継ぎ、乾山写しを得意とする
1980年(昭和55年)兵庫県三田市大原に移窯

父と共に料亭「吉兆」の創業者 湯木貞一と親交が深く
吉兆好みの懐石具や湯呑などの作品を多く残す

 

 

 

白井半七 菊花模様蓋置 共箱 茶道

 

白井半七 菊花模様蓋置 共箱 茶道

 

 

白井半七 菊花模様蓋置 共箱 茶道

 

白井半七の蓋置です。

建水から出すときの濃い赤が印象に残ります。

 

価格・詳細はこちらまで

お気軽にお問い合わせください。

sakai_shunmeido@ybb.ne.jp

お電話でもどうぞ。

 

 

JUGEMテーマ:茶道

        
0

           

    Calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    Archive

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM