高台寺では8月いっぱい

「百鬼夜行展」が開催されております。

 

百鬼夜行とは、

妖怪が列をなして夜中に歩くことを言います。

古い時代の迷信ではありますが

その展覧会が京都の由緒あるお寺で開催。

怖いですね。

 

すでに行かれた方もいるのではないでしょうか。

 

円山応挙の幽霊図や

高台寺所有の百鬼夜行絵巻!

河鍋暁斎の地獄太夫掛軸などなど。

 

お昼間に見れる百鬼夜行なので

怖いものが苦手な方でも大丈夫ですよ。

 

夏の京都も面白いものがたくさんです。

 

 

今日は

茶道具でも、お料理を盛るうつわでもないけれど

「あったら嬉しいな」というものをご紹介です。

 

<純銀 亀甲編 おしぼり入 6客 共箱>

 

大西錦綾堂 純銀亀甲編おしぼり入 6客 共箱 おしぼり うつわ 

(幅:14.4僉奥行:6.5僉高さ:2僉

 

大西錦綾堂 純銀亀甲編おしぼり入 6客 共箱 おしぼり うつわ

 

 

お花のマークがついています。

大西錦綾堂 純銀亀甲編おしぼり入 6客 共箱 おしぼり うつわ

 

 

底には足がついていて安定性があります。

大西錦綾堂 純銀亀甲編おしぼり入 6客 共箱 おしぼり うつわ

 

 

 

箱に「大西錦綾堂」と書かれております。

純銀製のスプーンや、茶托なども製作していたところです。

大西錦綾堂 純銀亀甲編おしぼり入 6客 共箱 おしぼり うつわ

 

アンティークな風合いがついた純銀製のおしぼり入

6客です。

 

銀の光沢感がテーブルにあると華やかになりますね。

 

 

価格・詳細はこちらまで

お気軽にお問い合わせください。

sakai_shunmeido@ybb.ne.jp

お電話でもどうぞ。

 

 

JUGEMテーマ:

        
0

           

    Calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    Archive

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM