今月14日まで

京都の泉屋博古館(せんおくはくこかん)で

特別展「仏教美術の名宝」が開催されております。

 

私も行ってきました!!

歴史が変わった仏像がありまして

写し物だと言われていたものが本物であったことが

最近判明したものを間近で観賞できました。

 

時代や作られた場所で顔に特徴があるのが面白いですね。

 

こじんまりとした展覧会なので

所要時間は少ないです。

 

ぜひご覧になってみてください。

 

 

今日は久しぶりのお茶道具のご紹介です。

 

<川瀬表完 乾漆赤蕪香合 共箱>

 

川瀬表完 乾漆赤蕪香合 共箱 茶道具 香 

(幅:6僉奥行:4.5僉高さ:4.5僉

 

 

川瀬表完 乾漆赤蕪香合 共箱 茶道具 香 

 

川瀬表完

 

1933年(昭和8年)京都に生まれる

 

本名:厚

 

江戸末期 木村表斎を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を

祖父の千太郎、父の繁太郎(初代 表完)より継承する

 

三代目 京塗師として茶道具制作に従事

弟も川瀬表完として制作している

 

本堅地塗、溜塗、木地溜塗、一閑塗

布摺塗、乾漆などを特技とし

棚、炉縁、茶器など

茶道具類を主に制作

 

東京、京都を初め全国各地にて個展を開催

 

 

川瀬表完 乾漆赤蕪香合 共箱 茶道具 香 

 

 

内は金が施されています。

川瀬表完 乾漆赤蕪香合 共箱 茶道具 香 

 

川瀬表完 乾漆赤蕪香合 共箱 茶道具 香 

 

秋から冬にかけて美味しくなる赤蕪

食べ物は季節を教えてくれますね。

 

縁起の良い艶のある赤が

印象的な香合です。

 

 

価格・詳細はこちらまで

お気軽にお問い合わせください。

sakai_shunmeido@ybb.ne.jp

お電話でもどうぞ。

 

 

 

JUGEMテーマ:茶道

        
0

           
    Comment





       

    Calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Archive

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM