JUGEMテーマ:食器

京都はすっかり桜色で、京都をさらに明るくきれいに彩ってくれています。


 今回の品は赤絵の大皿でございます。

<坪島土平 赤嗚英猜限腓く皿 共箱>


裏にサインあり↓


(縦29.5僉横29.5僉

 坪島土平(つぼしま どへい)
1929年 大阪府に生まれる
 廣永村に疎開した際に川喜多半泥子に出会う

1942年 川喜多半泥子に支持する

1963年 川喜多半泥子没後、廣永陶苑を継承する

2013年 他界

師の半泥子が自由な発想で多岐にわたって作陶していたため、
土平も志野、織部、朝鮮唐津、伊賀など幅広い作域を持ち、食器や水指、茶碗、香炉、花入れなどを制作。

「土平」という号は半泥子がつけたものである。
本名の苗字の坪島の「坪」の字を左右二つに分けたもので実際のサインには土の字の右側に点が付いており
土が飛んで付いたことを意味している。

廣永窯(廣永陶苑)

1946年 川喜多半泥子が開窯
三重県津市 長谷山の山麓にあり、敷地は2万坪

参考:坪島土平作陶語る http://minamiaoyamasuga.web.fc2.com/doheitext/04.html


 この大かく皿は、写真ではわかりにくいですが正方形でございます。
土平さんは絵付けの際は迷わず描くそうで、この作品も迷わず描いた動きと申しますか、勢いを感じることができます。
お料理も大胆にシンプルに盛っていただけたら良いかもしれません。
 赤絵の大皿の存在感そのままにお料理も引き立たせてくれることだと存じます。


どうぞお気軽にお問合せくださいませ。
sakai_shunmeido@ybb.ne.jp
 
        
0

           

    Calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    Archive

    Mobile

    qrcode

    Selected Entry

    Link

    Profile

    Search

    Other

    Powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM